平成31年2月12日(火)10:40より本学にて、包括連携協定を締結している広陵町、香芝市および畿央大学が連携して行う「広陵町・香芝市×畿央大学 介護予防リーダー養成講座」の開講式および第1回目の講座が開催されました。

 

「広陵町・香芝市×畿央大学 介護予防リーダー養成講座」1-1

 

広陵町としては第5回目、香芝市としては第4回目の取り組みとなり、今年度は広陵町からは6名、香芝市からは9名が参加されます。3月下旬までに本学にて全11回の講座を受講し、講座終了後には介護予防リーダー KEEP(Koryo/Kashiba Elderly Encouragement Project)として認定され、介護予防の担い手として実際に地域の健康づくり(地域イベントやサロン等)に貢献されます。人材育成にとどまらず、活動の機会とフォローアップまでを行うことが本講座の大きな特長です。

 

畿央大学では、この取り組みに理学療法学科の高取克彦准教授と松本大輔助教が全面協力し、「広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクト」(私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)の一環として協働していきます。

 

 

▼理学療法学科 高取准教授

「広陵町・香芝市×畿央大学 介護予防リーダー養成講座」2-1

 

開講式では広陵町増田福祉部長と香芝市黒越健康福祉部長のご挨拶があり、これからの広陵町、香芝市の健康づくりのリーダーとして活躍し、地域を元気にする中心となるよう期待の言葉がかけられました。

 

「広陵町・香芝市×畿央大学 介護予防リーダー養成講座」3-1

 

開講式に続いて第1回目の講義があり、広陵町および香芝市の介護福祉課職員の方から、介護予防の現状と課題について説明がされました。その後、自己紹介とグループワークが行われ、最初は緊張気味の参加者もグループワークを通じて徐々に笑顔が見られ、和やかな雰囲気になりました。

 

「広陵町・香芝市×畿央大学 介護予防リーダー養成講座」4-1

 

全11回の長丁場ですが、本学も積極的にサポートしていきます。

 

【関連リンク】

広陵町・香芝市×畿央大学「介護予防リーダー養成講座」説明会が開催されました。

平成30年度開講式の様子

KAGUYAプロジェクト紹介リーフレット

広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクトfacebookページ

畿央大学ヘルスプロモーションセンター

団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向け「元気な高齢者が虚弱高齢者を支える仕組みづくり」は重要課題となっており、健康づくり・介護予防の担い手の育成が急速に高まっています。しかし、その養成と養成後に実際の地域活動につなげるのは容易ではありません。

広陵町と香芝市では自主的な健康づくりの活動を行える地域支援の「リーダー」を養成することをめざしており、その一環として、「介護予防リーダー養成講座」を開講しております。

 

aaa

 

この養成講座を修了すると、受講者はKEEP(Koryo・Kashiba Elderly Encouragement Project)として認定され、地域における介護予防の担い手として実際に地域の健康づくり(地域イベントやサロン等)に貢献していただけることが大きな特徴となっています。

 

bbb

 

平成30年度の介護予防リーダー養成講座は2月から3月にかけて全11回の講座が開講され、広陵町は5期生、香芝市は4期生を輩出することとなります。その事前説明会が平成31年1月16日(水)に畿央大学で開催され、広陵町と香芝市から13名の方が参加されました。

始めに香芝市菊川福祉課長のご挨拶があり、畿央大学理学療法学科高取克彦准教授から昨年度の実例をもとに、本事業の概要を説明していただきました。その後、広陵町および香芝市の介護福祉課職員の方から、養成講座修了後の地域活動について説明をいただきました。

 

ccc

 

畿央大学では、この取り組みに理学療法学科の高取克彦准教授と松本大輔助教が全面協力し、今年度は広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクト(私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)の一環として協働しています。

 

【関連リンク】

平成30年度開講式の様子

KAGUYAプロジェクト紹介リーフレット

広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクトfacebookページ

畿央大学ヘルスプロモーションセンター

NEWS

一覧を見る